【ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo2018】の日程は?会場情報まとめ

【ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo2018】の日程は?会場情報まとめ

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporoとは?

 

ミュンヘン・クリスマス市1

アドヴェント(待降節)とよばれるクリスマス前の4週間のキリストの到来を準備する期間に、ドイツを始めヨーロッパ各国で開催される”クリスマス市”さながらの雰囲気を札幌で味わうことが出来るのが”ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo”です。

ドイツのクリスマス市では、クリスマスに向けた手工芸品や、クッキー・焼きソーセージ・温かいグリューワイン(ホットワイン)などの屋台が多く並び地元の人たちで一日中賑わいます。

2018年の”第17回ミュンヘン・クリスマス市in Sapporo”は、11月22日(木)~12月25日(火)

限定グッズ・グルメが味わえる屋台の出店と共に、札幌では”さっぽろホワイトイルミネーション”が同時期に大通公園で開催される為、毎年100万人以上の観光客が訪れるなど、札幌市民はもとより多くの旅行者に人気のイベントです。

さっぽろホワイトイルミネーションの情報はコチラから→ 【札幌イルミネーション】2018の日程は?会場情報まとめ

 

”ビールの街”姉妹都市ドイツのミュンヘン市

 

ミュンヘン・クリスマス市2

1972年の夏季・冬季のオリンピックを札幌市とミュンヘン市が各々開催地に選ばれたことや、緯度・人口が似ているなどの共通点から”姉妹都市提携”が結ばれ、30周年を迎えた2002年に姉妹都市ミュンヘンを広く市民に知っていただくきっかけにしようとミュンヘンの年中行事のひとつであるクリスマス市を札幌で開催したのが”ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo”の始まりです。

ドイツ最大のイベント”オクトーバーフェスト”さながらの雰囲気が味わえる、今や札幌の秋の一大イベントになっている”さっぽろオータムフェスト”や、札幌市内にも豊平川にかかる福住桑園通りの橋”ミュンヘン大橋”や、大通公園11丁目のドイツの祭木のオブジェ”マイバウム”や百合が原公園のミュンヘンの花々に囲まれた庭園”ムンヒェナーガルテン”などミュンヘンにまつわるものも沢山あります。

ミュンヘン大橋大通公園11丁目のマイバウム百合が原公園のムンヒェナーガルテン

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporoの見どころ

 

ミュンヘン・クリスマス市3ミュンヘン・クリスマス市4ミュンヘン・クリスマス市5

クリスマスグッズの中でも、道内のクリエーターが制作するクリスマスポストカードが500点を揃える店舗や、限定のオリジナルマグカップ、ドイツ製のオーナメント等の飾り・キャンドル・くるみ割り人形等の雑貨など、観ているだけで楽しむことができます。

フルーティーなドイツ直輸入の”ホットアップルワイン”や地元北海道のクラフトビール”小樽ビール”と一緒に、ミュンヘンの代表的なクリスマスに食べるお菓子で、シナモン・ココア・バニラ・チェリー味が楽しめる”ローストアーモンド”の食べ歩きはいかがでしょうか?

大通公園2丁目の特設ステージでは、サンタからのプレゼントや、ゴスペルやアコースティックライブなどが行われクリスマスムードを更に盛り上げます。

日程 2018年11月22日(木)~12月25日(火)
時間 16:30~22:00
(12月23日~25日は24:00まで)
会場 大通公園2丁目
住所 札幌市中央区大通西2丁目
HP ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo