札幌移住前に覚えておきたい ビールの聖地北海道で飲みたい地ビール(クラフトビール)まとめ

札幌移住前に覚えておきたい ビールの聖地北海道で飲みたい地ビール(クラフトビール)まとめ

ビールの聖地北海道で飲みたい”地ビール”・”クラフトビール”

 

青空と生ビール

そもそも地ビールとクラフトビールってどう違うの?

 

クラフトビール飲み比べ

”地ビール”で最初に筆者が思いつくのは”銀河高原ビール””江の島ビール”でしょうか。

筆者は、普段”アサヒスーパードライ”と札幌に帰省中はもっぱら”サッポロクラシック”を愛しておりますが、ふと立ち寄った飲食店に”地ビール”や”クラフトビール”がメニューにあると一度はチャレンジしてみたいものです。

”地ビール””クラフトビール”

店舗によってその表記は様々ですが、果たしてどう違うのでしょうか?

1994年の酒税法改正によりビールの最低製造数量基準が2,000キロリットルから60キロリットルに引き下げられ、全国各地にマイクロブルワリーに相当する小規模なビール醸造会社が登場して、「地ビール」と総称されるようになり、一時は300社以上の地ビール会社があった。当初のブームは2003年頃には終息し、地ビール会社の数は200社ほどに落ち着いたが、以降は「地ビール」に代えて、「小規模なビール醸造所でビール職人が精魂込めて造っているビール」、「品質を重視して、ビール職人が手塩にかけて造るビール」といった含意で「クラフトビール」をキーワードとし、小規模ビール生産者のビールを市場に送り出す取り組みが拡大し、新たにクラフトビール市場が成長し始めた。(引用→Wikipedia

 

っとまぁこんな感じで書かれていたので、正直「???」な感じでその他サイト等で調べた筆者の結論は

 

1999年までは「年間に結構沢山のビールを作っていない工場からのビールは勝手に名乗っちゃいけないよ!」

という決まりがあったのですが、「やっぱ経済対策になるし年間60キロでも良し!」ってなった事により一時的に地元団体が”地ビール”の名前で売り出しては見たものの、ブームが去ってしまった。

決まりは現在も変わらずあるので、「生産量が少なくても高い技術やこだわりを持ったビール職人は沢山いるからそういった職人が作ったものは”地ビール”改め”クラフトビール”と呼んでいこう!」

ざっくり言うとこういう感じだと判断しました。(知識なく判断しましたのでもし違ったら遠慮なく教えて下さい…)

”地ビール”=”クラフトビール”

って言ってしまっても大きくずれてはいないと思います。

 

北海道に”地ビール(クラフトビール)”が多い訳

 

北海道にクラフトビール醸造所はなんと全国47都道府県で最も多い18箇所あります。

なぜ”北海道=ビール”が定着したかは諸説ありますが、

・CMでも同じみの”麦””ホップ”を生産出来る広大な土地と、ビールに適した”硬水”がとれる

・夏でも湿度が高い気候から喉が渇きやすい

・ビールによく合うジンギスカンや海鮮料理がどこでも食べられる

といった理由が関係しているようです。

札幌はビアガーデンも日本最大!

大通ビアガーデンについての詳しい情報はコチラから→ 【さっぽろ夏祭り】の日程は? ビアガーデンに盆踊りに花火・イベント情報

あとはやはり大手ビールメーカーの”サッポロビール”も大いに影響していますね。

大通ビアガーデンの他にも大通公園では毎年秋に開催される”さっぽろオータムフェスト”では道産クラフトビールと世界のクラフトビールを同時に味わうことも出来ます!

さっぽろオータムフェストについての詳しい情報はコチラから→ 【さっぽろオータムフェスト2018】の日程は? 大通公園全会場のオススメイベント情報!

 

 

札幌で飲むべき”地ビール(クラフトビール)”

開拓使麦酒

 

札幌開拓使麦酒

出典:札幌開拓使麦酒醸造所

コチラは札幌の”地ビール(クラフトビール)”の中でも有名な”札幌開拓使麦酒

サッポロビール創業当時の味を再現したビールでオホーツク産・富良野産の麦芽、富良野産のホップを贅沢に使用しています。

このレトロな赤星がなんともカッコいいですね。

東京では”サッポロラガー”ですらなかなか見ることが出来ないので札幌へ移住・旅行の際は、”ビヤケラー札幌開拓使 サッポロファクトリー店”でビール作りを学んだ後にに是非とも飲んでもらいたいです。

名称 住所 HP

ビヤケラー札幌開拓使 サッポロファクトリー店

中央区北2東4 サッポロファクトリーレンガ館1F

札幌開拓使麦酒醸造所

 

ノースアイランドビール

ノースアイランドビール

出典:ノースアイランドビール

カナダでの修業を基に、ブルーマスターによって
『NORTH ISLAND BEER』は造られています。修業中に恩師が私達に伝えた言葉「Beer is Art」。そう、ビールは実はとても奥の深いお酒なのです。多種多様のビールを楽しんでもらいたい想いから、ノースアイランドビールでは6種類のレギュラービールに加え、 限定ビールやシーズナルビールの醸造も行っております。北海道からこだわりのクラフトビールを発信します。(引用→ノースアイランドビール

ラベルが”ザ・外国産”って感じでめちゃめちゃカッコよいですね!

フルーティーな物や、ビターチョコレートの様なフレーバーを使用した物・コリアンダーの香りのする黒ビールなど6種類あります。

ビアバーノースアイランドでは、ノースアイランドビール6種類に加え、期間限定ビールや「北海道のゲストビール」を含む、8種類のクラフトビールが毎日樽生で味わえます。

名称 住所 HP

Beer Bar NORTH ISLAND(ビアバーノースアイランド)

中央区南2条東1丁目1-6M’s二条横丁 2F

ノースアイランドビール

 

すすきの地ビール

 

薄野地麦酒薄野地麦酒(缶)

出典:薄野地麦酒

”マイナスイオン水””八雲町の熊石海洋深層水”の2種類の仕込み水をブレンドして作る水にこだわったビールです。

”海洋深層水”とは水深2000メートル以上のを使用することにより有機物が少なく、大腸菌など一般的な細菌汚染が無くクリーンで安全で不純物もなくミネラル豊富で安定した水です。

その他にも黒ビールの”夕張石炭麦酒”や札幌のコンビニでも手に入る!すすきのビール(缶)等もあります。

 

やっぱり飲みたい”クラシック”

 

サッポロクラシック

出典:サッポロビール

もうここまで来ると”地ビール(クラフトビール)”でも何でもないのですが、北海道が誇るまさに”ONLY北海道””サッポロクラシック”この煌びやかな青のロゴがかっこ良すぎます!

関東のスーパーやコンビニに並んでいるとテンション上がりますね!

季節限定のクラシックや7/18日からは、TVアニメ”ゴールデンカムイ”とタイアップしたサッポロ クラシック”ゴールデンカムイ缶”が限定発売されています。

サッポロクラシックゴールデンカムイ缶

最近ツイッターの色々な方に何度も投稿されていて”ゴールデンカムイ”に絶賛ハマり中の筆者は羨ましい限りです…。。

この記事のまとめ

札幌中心に紹介いたしましたが、北海道にはまだまだ特徴的な”地ビール(クラフトビール)”が沢山あります。

今回紹介しきれなかったビールはどんどん追記していきたいと思います。

地ビール=クラフトビールでOK(細かいことは気にしない)

札幌では道内産の様々なビールを飲むことが出来る