札幌移住が一段落ついた後に行くべき隠れ穴場スポット7選

札幌移住が一段落ついた後に行くべき隠れ穴場スポット7選

移住者が1年後に陥り安い状態の解決策

 

だれる女性

札幌移住も一段落して観光地も一通り周り、名物も食べたとなると、待っているのは極寒の地札幌…

なんだか結局これ札幌でなくても良かったんじゃないか…?

つーか寒いから外出たくないし…

そんなあなたはまだまだ札幌の良さをわかっていません。

せっかく札幌に移住したのに家でゴロゴロばっかりではいけません。

観光ガイドや旅行サイトはあくまで観光者向け。

観光者が短い旅行期間のうちにあえて周らないところにこそ、良いスポットがあります。

移住者の特権は、行きたいときに思いつきでフラ~っと立ち寄ってまたフラ~っと別の所に場所を変えても良いんです。そうです移住者には札幌に家があるんですから。

大きさランキングは78メートルの日本15位

 

横浜コスモロック21観覧車
大都市をも渡せる観覧車は東京(パレットタウン大観覧車)・大阪(HEPFIVE観覧車)・名古屋(Sky-Boat)・横浜(コスモロック21)等が有名ですが、ここ札幌にも2006年に建てられた”ノルベサ”あります。

 

ノルベサの黄色いゴンドラ

”ノルベサ”の由来は”乗る”と北海道弁の”べさ”をかけて”ノルベサ”というのは間違えで、実際はフランス語で”北”を意味する”Nord(ノル)”と”べさ”(こちらはやはり北海道弁…)というのが由来です。

“黄色いゴンドラに乗ると恋愛成就”なんていうローカル都市伝説もあります。

さらに”ノルベサ”というのは建物の名前で観覧車の名前は”ノリア”という名前だそうで、こちらは残念ながら全く浸透していないと思われます…

なので札幌に場所を尋ねるときは”ノルベサ”と聞いたほうが確実かと思います。

”ノルベサ”が完成した当時は筆者もすすきのに住んでいましたが、wikiでも載ってしまうくらい一時的なブームでその後は少し閑散としてしまったイメージです。

現在は飲食店も充実し、毎週行列のできる回転寿司屋があったり、飲食店秋葉原で有名な”まんだらけ”などアニメグッズ系ショップが入っており、ここ数年復活を遂げつつあります。

 

波動を打って闘うARスポーツ

今回オススメしたいのは飲食店でもアニメグッズでもなく、5F”ディノスパークノルベサ店”にある北海道初上陸のその名も”HADO”

 

「HADO」とは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ、最新のAR技術を使ったスポーツです。3対3のチームに分かれ、エナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦します。現在、HADOは世界7ヶ国14ヶ所に店舗を展開し、80万人以上が体験しています。(引用→スガイディノス

これはヤバイですね!現在は世界18箇所に増えているみたいですね。 →meleapホームページ

日本でも7箇所にしかなく、札幌にいるなら是非とも体験してみたいですね!

ディノスにはもちろんゲームコーナーやボーリングもあるので一人でも大勢でも楽しめます。

名称 料金 住所 HP
ディノスパークHADO ARENA 30分 1人 500円 中央区南3条西5丁目1-1NORBESA 5階 ディノスパークノルベサ店内 ノルベサ

 

VR常設型エンターテインメント施設

 

VR PARK TOKYO satellite 札幌狸小路×MEDIAFRONT JAPAN

出典:VR PARK TOKYO

東京の渋谷・池袋にあるVR体験施設”VR PARK TOKYO”が2017年12月に3号店”VR PARK TOKYO satellite 札幌狸小路×MEDIAFRONT JAPAN” としてアドアーズ札幌狸小路店にこちらも道内初上陸。

密林を流れる急流を下る”Jungle Rafting (ジャングル ラフティング)”・魔法のほうきに乗って夜空を飛び回る”Flying Witch broom (フライング ウィッチ ブルゥーム)”・トロッコに乗り、未知のジャングルや洞窟を探検する”Jungle Rollercoaster (ジャングル ローラーコースター)”・ホラー脱出体験型アトラクション”Jungle horror (ジャングル ホラー)”の4種類6台のアトラクションが設置されています。

 

 

こちらも観ただけでワクワクしますね~!

こちらも立地が良く先程紹介した”ノルベサ”からも徒歩数分なので”HADO”とハシゴも面白いですね。

名称 料金 住所 HP
VR PARK TOKYO satellite 札幌狸小路 × MEDIA FRONT 1 アトラクション  700 円
2 アトラクション 1,300 円
3 アトラクション  1,800 円
全アトラクション 2,000 円
中央区南三条西4-12-1 アルシュビル6F VR PARK TOKYO satellite

 

危険度MAX!メディアでも取り上げられるNSS

 

ノースサファリ札幌

出典:Wikipedia ノースサファリサッポロ

ここ数年動物系のTV番組でも度々取り上げられ札幌の観光スポット化してきたこの動物園”ノースサファリサッポロ(NSS)”です。

なんとも素朴な地方の動物園といった佇まいですが、中に入ると他の動物園とは一味違います。

他の動物園ではあまりふれあいを行っていないゴマフアザラシや、ミーアキャット、キタキツネ、エゾタヌキ、トナカイ、フタユビナマケモノ、アカハナグマなどにふれることができる。またアフリカライオンやベンガルトラに鉄柵一枚を隔てエサやりを行ったり、ライオン展示舎の屋根に設けられた開口部から釣竿を使ってエサやりをするライオン釣りも実施している

デンジャラスの森では誓約書に署名しないと入場できないデンジャラスゾーンがあり、ミズオオトカゲやインドタテガミヤマアラシ、ビルマニシキヘビなど危険な動物の至近を通ったり、ピラニア水槽、ワニ展示場の上に設けられた一本橋を渡るなどスリルを感じさせる展示方法を採っている。(引用→Wikipedia

その他にもターザン体験・水陸両用車でのジャングル体験・セグウェイ、冬場は犬ぞり・雪上バナナボート・スノーモービル等動物園以外でも十分楽しめます。(一部有料・冬季は土日祝のみ平日は予約が必要)

札幌市内からは国道230号線(石山通)を通って30分位かかりますが、ここまで来たなら帰りは”定山渓温泉”も良いですね。

名称 料金 住所 HP
ノースサファリサッポロ

夏季

大人(中学生以上) 1,500円

小人(小学生以下) 500円

3歳以下 無料

冬季

大人(中学生以上) 1,100円

小人(小学生以下) 400円

3歳以下 無料

南区豊滝469-1 ノースサファリサッポロ

 

明治5年から続く北海道のSAKE

 

千歳鶴 酒ミュージアム

出典:千歳鶴 酒ミュージアム

札幌といえばビール園と思いがちですが、北海道も立派な米の生産地。

米の生産地にはやはり日本酒です。

ここ”千歳鶴 酒ミュージアム”の工場見学で酒づくりの歴史やこだわりを学べます。

学んだあとは”千歳鶴”を味わえる試飲カウンターで一杯でき、施設内の直売店では千歳鶴の酒かすを使った”酒かすソフトクリーム”も味わえます。

ここは場所も「東西線バスセンター前」から5分ほどと立地も良いので日本酒を一杯飲んだあとは歩いてすすきのまで行けてしまいます。

名称 料金 住所 HP
千歳鶴 酒ミュージアム 入場 無料 中央区南3条東5丁目1番地 千歳鶴酒ミュージアム 千歳鶴 酒ミュージアム

 

アニメ「君に届け」の1シーンになったプラネタリウム

 

サッポロスターライトドーム

出典:サッポロスターライトドーム

道内唯一の民営プラネタリウムの”サッポロスターライトドームは、アニメ「君に届け」のモデルになったプラネタリウムです。(映画版しか観ていないですがこちらには登場しないみたいですね)

不定期でグランドピアノの演奏で星空と音楽を楽しめる「プラネタリウムステージ」も開催されます。

 

名称 料金 住所 HP
サッポロスターライトドーム 入場 無料 手稲区手稲本町2条4-1-11サッポロスターライトビル サッポロスターライトドーム

 

まだまだある隠れスポット

札幌には観光地以外のスポットで今回紹介した以外にも遊べるところは沢山あります。

他の記事で一度紹介しているの是非読んでみてください。

スノーモービルランドサッポロ

日本最大級のスノーモービル専用コースと四輪バギーやサバイバルゲーム。遊んだ後はジンギスカン。

紹介した記事はコチラ →札幌移住で住みやすいおすすめ区情報 ②西区の基本情報

ペイントボールフィールドバースト札幌

ゼラチンカプセルの中に食用性インクが入った弾を、圧縮された空気で発射するペイントボールマーカーを使用し2チームにわかれて撃ち合う、エキサイティングで新しいスポーツ

紹介した記事はコチラ →札幌移住で住みやすいおすすめ区情報 ⑧清田区の基本情報

 

この記事のまとめ

いかがだったでしょうか?

以上が移住者して1年程で札幌の春夏秋冬を味わいメリット・デメリットが何となくわかってきたあたりで読んでいただきたい隠れスポットでした。

北海道人は新しいもの好きで、新商品はまず札幌に投入してマーケティング調査をするという話は有名な話だそうで、札幌には新しい遊び・食べ物が良く入ってきます。(餃子の王将やコメダ珈琲に行列が出来るレベル)

そういった情報はネットはもちろんですが、昼間や夕方のローカルの情報番組なんかでチェックすると良いですね。

札幌移住に慣れた後は、人に新しいスポットを紹介できるようになるとまた一段と札幌愛が深まるかもしれません(筆者は現在まだ東京在住…クソっ)