札幌移住で住みやすいおすすめ区情報 ⑤東区の基本情報

札幌移住で住みやすいおすすめ区情報 ⑤東区の基本情報

農業・工業地帯&大規模施設のある「東区

 

玉ねぎ

札幌がまだ”札幌村”と呼ばれていた時代から農業が盛んな地域で、区の北東部にはタマネギ栽培を中心とする農業地帯。

苗穂地区は明治時代から様々な工場が立ち並ぶ工業地帯、丘珠地区には鉄工団地や工業団地があります。

丘珠地区には札幌市で唯一の「丘珠空港」がある他、近年では”サッポロさとらんど””札幌コミュニティドーム(つどーむ)””エレ沼公園”がオープンするなど大規模施設が立ち並びます。

”つどーむ””大通””すすきの”と共に”さっぽろ雪まつり”の会場として毎年多くの人が訪れます。

・面積 56.97km2

・人口 264,337人

・世帯数 128,192世帯 ※全体の情報はコチラから→ 札幌の各区ごとの基本情報 ~面積・人口・世帯数~

・隣接している区 北区・白石区・中央区

・主要地域 元町

・主要路線 地下鉄東豊線

・区役所 東区役所(札幌市東区北11条東7丁目1-1) 区役所の情報はコチラから→ 東区ホームページ

 

東区のゆるきゃら(ご当地キャラ)”タッピー”

 

ゆるきゃらのタッピー

こちら手稲区のゆるきゃら(ご当地キャラ)”タッピー”です。

東区を代表する農産物・タマネギの妖精です。タッピーは直接声を出してしゃべることはできません。

心の中で思ったことをこっそり伝えたり、看板等に書いたりすることで意思疎通を行っています。
また、特定の口癖や決め台詞などはありません。

タッピーが持っているステッキのようなものは「ネギぼうず」と言われるタマネギの花です。(プロフィールより抜粋→ 東区ホームページ)

道内をつなぐ”丘珠空港”

 

丘珠空港の飛行機

「JR札幌駅」の北東約5kmに位置し、車で約20分「地下鉄東豊線栄町駅」から約5分程のアクセスの良さが売りの”札幌丘珠空港”

バスターミナルからは札幌中心部への連絡バスが運行しています。

元々は”札幌飛行場”として陸上自衛隊の専用飛行場としてスタートし、現在は”札幌丘珠空港”と呼ばれ、道内は函館釧路利尻への定期便の発着のほか、札幌観光の遊覧飛行、ビジネスジェット、北海道警察・札幌市消防局・北海道防災ヘリコプターの防災基地、国土測量、報道取材としても使用されており、道外へは三沢(青森)静岡松本へ就航しています。→ 札幌丘珠空港

名称 住所 HP
札幌丘珠空港 札幌市東区丘珠町 札幌丘珠空港

 

体感型雪まつり会場”つどーむ”

 

札幌コミュニティドーム(つどーむ)のグラウンド札幌コミュニティドーム(つどーむ)の雪の滑り台

”さっぽろ雪まつり”の会場として知られる”札幌コミュニティドーム(つどーむ)”は他の”大通会場””すすきの会場”とは一線を画し、高さ約10メートル、長さ約100メートルの雪のすべり台「チューブスライダー」や、ラフティングボードをスノーモービルで引っ張り雪原を滑走する「スノーラフト」、「雪上パークゴルフ」など体験型の会場となっています。

テニスコートや野球場、タンニングコース・トレーニングルーム、屋外にはパークゴルフ場などの施設もあり、コンサート会場や各種イベント会場、東区の成人式なども行われます。

名称 住所 HP
札幌コミュニティードーム(つどーむ) 札幌市東区栄町885−1 さっぽろコミュニティドーム(つどーむ)

 

スケートリンクも出来る東区民の憩いの場”美香保公園”

美香保体育館

”美香保公園”内にある”美香保体育館”は”札幌オリンピック”のフィギュアスケート会場として建てられ、夏季は体育館、冬季はスケートリンクとして利用できます。

冬季はカーリングでの使用も可能です。

公園内の約8万平方メートルの敷地には他にも野球場、テニスコートもあり、初夏から夏にかけてはペットコーナーが開設され、小動物と身近に接することもできます。

ちなみに、徒歩5分程のところにラウンドワンもあります。

名称 住所 HP
美香保公園 札幌市東区北20条東4丁目2 さっぽろコミュニティドーム(つどーむ)

身近な場所で農業体験”サッポロさとらんど”

 

サッポロさとらんどの馬車

”サッポロさとらんど”は札幌ドーム14個分(74.3ha)の広大な敷地に花畑や農園、芝生の公園、バーベキューができる炊事広場などがあり、タマネギ・ニンジン・ジャガイモ・サツマイモ・トウモロコシなどの野菜を収穫できる収穫体験コースや、手作りバター・ソーセージ・豆腐・蕎麦作り体験や、SLバスや馬車で園内を周遊、乗馬体験も出来、農作物の直売も行っております。

夏場はパークゴルフやバーベキュー場としても利用できます。

札幌市内のバーベキューの情報はコチラから→ 札幌市内のバーベキュー場10選 BBQの出来る有名・穴場スポットと周辺買い出し情報

冬場は雪遊び用の雪山が登場し、持ち込んだソリなどで雪遊びができ(レンタル有)、歩くスキーや、スノーモービルで引っ張られるバナナボート体験もできます。

名称 住所 HP
サッポロさとらんど 札幌市東区丘珠町584−2 サッポロさとらんど

 

彫刻家イサム・ノグチの大地の彫刻”モエレ沼公園”

 

 

モエレ沼公園の上空写真モエレ沼公園のガラスのピラミッドHIDAMARI

”サッポロさとらんど”に隣接する”モエレ沼公園”。

札幌市の市街地を公園や緑地の帯で包み込もうという「環状グリーンベルト構想」における北東部緑地ゾーンの拠点として計画され2005年にオープンした総合公園

彫刻家イサム・ノグチが設計を手掛け、地内には公園を象徴するモニュメントのガラスのピラミッド”HIDAMARI”や、直径48mの”海の噴水”、遊具エリアの”サクラの森”が有名です。

モエレ沼公園が一望できるデッキやレンタルサイクルで公園内を移動することもできます。

名称 住所 HP
モエレ沼公園 札幌市東区モエレ沼公園1-1 モエレ沼公園

 

東区に移住を考えている方

 

東区は南部は「地下鉄東豊線」の利用で中心部までのアクセスも良く、区自体にはJRは走っていないものの、「JR函館本線苗穂駅」(中央区)や「JR札沼線太平駅」(北区)は隣接しているのでほぼ東区と言って良い程。

西部は「地下鉄南北線」と並行して隣接している為、交通の便は市内最高レベルと言えます。

上記に紹介した自然豊かな各大規模施設での遊びはもちろん、”アリオ札幌””イオンモール札幌苗穂”など大型の商業施設もある為、買い物にも便利です。

中でも「元町」は飲食店なども多く「地下鉄南北線北24条駅」からも近く、道路も”環状通”・”宮の沢北24条通”・”札樽自動車道”等大きな通りの近くにあります。

「栄町」「地下鉄東豊線」の始発駅で、「丘珠空港」・”つどーむ”へのアクセスも便利です。

 

札幌最初に住む場所でお悩みの方はコチラから→ 札幌移住で後悔しない為のおすすめ地域はココ 主な交通手段4つと地下鉄・市電路線図から見る快適エリア

 

この地域のまとめ

メリット

  • レジャー・買い物等札幌市内でも比較的メジャーな施設がそろっている
  • JR・地下鉄・空港・幹線道路が通っておりどこへ行くにも便利
  • 農業地区があり、体験が出来る施設がある

デメリット

  • JR・地下鉄へのアクセスが悪い地域が多い
  • 騒音・治安が悪いと言われている