移住前に知っておきたい札幌市各区ごとの基本情報 面積・人口・世帯数から見る家賃相場

移住前に知っておきたい札幌市各区ごとの基本情報 面積・人口・世帯数から見る家賃相場

札幌市各区の基本情報

 

札幌の区分け

札幌は10の区で成り立っています。

名称 面積 人口 人口密度 世帯数 家賃相場
中央区 (3)46.42km2 (3)242,683人 (2)5227.9 (2)137,012世帯 (1)55,600円
北区 (9)63.57km2 (1)287,717人 4525.9 (1)137,537世帯 (2)50,100円
東区 56.97km2 (2)264,281人 4638.9 (3)128,252世帯 48,100円
白石区 34.47km2 211,220人 (1)6127.6 108,654世帯 (8)47,000円
厚別区 (10)24.38km2 (9)126,306人 5180.7 (9)56,941世帯 (3)49,000円
豊平区 46.23km2 221,945人 (3)4800.8 114,711世帯 47,200円
清田区 59.87km2 (10)115,338人 (10)1926.4 (10)46,245世帯 47,800円
南区 (1)657.48km2 (8)138,763人 (9)2139.9 62,327世帯 (10)44,600円
西区 (8)75.10km2 215,732人 2872.5 101,372世帯 47,800円
手稲区 56.77km2 141,799人 (8)2548.3 (8)59,040世帯 (9)46,000円

※人口密度:人/面積 ※家賃相場:1LDK

(2018年7月時点 各区の人口・世帯数より抜粋→ 札幌市ホームページ) (2018年7月時点 北海道の市町村から家賃を調べるより抜粋→ HOME’S)

 

これまでもいくつかの地域を紹介してきましたが、移住先が決まった後は

  • いざ自分が住む地域は何区?
  • この地域の特色は?
  • 商業施設・娯楽施設は?

etc…より具体的な情報が必要になってきますね。

引越し後に近くの町をブラブラ探検も良いですが、大まかな知識は入れておきましょう。

このカテゴリーでは札幌に移住を決めた方へ各区の主要な町、手続きが必要な際の各機関の場所や、商業施設・娯楽施設など、移住前に知識としていれておきたい情報を各区ごとにまとめました。

実際に移住をされる方は勿論、旅行先として札幌を訪れる方にも是非読んでいただきたい情報です。

 

この記事のまとめ

上記の表はあくまでデータですので、必ずしも”住みやすさ”とは直結している訳ではありませんので、その他の記事も参考にしていただければと思います。

・”家賃相場”を考えると「中央区」は納得の結果で、「北区」が面積の割に”家賃相場”が高いのは「JR札幌駅」北口からが北区に含まれているのも関係している

・「厚別区」の家賃相場の高さは中心部からの距離から考えると(?)ですが、”面積”・”人口”から見るとコンパクトな区といった理由から